桜展

日本人に最も愛されている花“サクラ”を題材に、新進気鋭の若手作家や巨匠作家が各々の思いで描いた作品を一堂に展示いたします。
お近くにお越しの際は、是非ともお立ち寄りください。

中島千波「富士爽春」木版画

東郷青児 乙女展


今年、生誕120年を迎えた東郷青児。
鹿児島出身で、二科会を基盤に活躍した洋画界の巨匠̶̶は、郷愁を誘う甘美な女性像をモチーフとした構成美と抒情性は、時代を魅了しました。

ギャラリーでは、それら一世を風靡した油彩画や素描などをご紹介します。
是非とも、お立ち寄りください。